車を買うにはローンが必須です・・・。

私は車を購入する時に、4割くらいをローンを組みました。
そして、月々の支払額が一番少ない、7年ローンにしました。
ローンは車を購入したディーラーの勧めるローンを組みました。

ボーナスはどうなるかわからないので、ボーナス払いはつけませんでした。
毎月同じ額を丸7年払い続けました。

車は中古車でしたので、7年のローンが終わるころには、いろいろな箇所が故障したりして、思った以上にメンテナンスがかかりました。
そのため、ローンは終わっても、そのローン代以上の車の維持費を払わなければいけませんでした。

車など大きな買い物をする時は、ローンが便利です。
しかし、ローンの期間が長ければ長いほど、利息も多く払わないといけません。
それに、ローンが終わらないといつまでも自分の車でないような気がしていました。

なので、ローンは短めに組むか、まったく組まないで現金で車を購入したほうがよいと思いました。
支払いを後へ後へと延ばしていくと、後になって大変になってしまいます。

車はそれ以外も、車検など、いろいろな維持費が予想以上にかかってきます。
車を買った時は、前から欲しい車だったので、とても嬉しく感じました。

そして、車を楽しみながらローンを払っていけばいいと、少し甘く感じていました。
実際、月々の支払額は大きくなかったので、十分に払っていけると思っていました。

しかし、外車だったこともあり、車が故障すると、かなりの修理代がかかってしまいました。
しかも予想外の故障ばかりが続きました。

その都度、ローンを組んで修理代を支払いしていましたので、結局はまたローンを組んで支払いをしたりしていました。

車のローンがあったのでカードローンの審査が通るか心配でしたがなんとか通りました。

月々支払いが安くて済むように支払い年数を増やしたのに、修理代がかさんで月々の支払いが増えてしまいましたね。
車を管理維持していくことの難しさを知りました。

国産車で軽自動車だったらまた事情は違っていたのかもしれませんね。
今後ローンを検討する時は、もう少し厳しい目で先を見据えて、検討していきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です